自動車の教習所へ行くなら - 免許について

免許について > 自動車の教習所へ行くなら
車のあれこれ

自動車の教習所へ行くなら

16歳からは原付やバイク、18歳からは普通車などある一定の年齢になると自動車の教習所に通って免許を取得しようと考える人は多いと思います。
特に多いのが、夏と冬から春先にかけてのシーズンで学生の長期休暇の時期と重なって込み合うようになります。
これは進学前や就職前に自動車の免許を取得しておきたいと考える人が多いからで、教習の予約も取りづらくなります。

免許を取得するためには、必ずこの教習所に通って運転するために必要な知識と技術を身につけなければなりません。
教習には学科と実技があって、学科は交通標識や交通ルールなどをメインに学び、実技では実際に車を運転します。
車に乗る際には教官の人が一緒に乗って指導してくれますので安心して下さい。

また、教習には2段階あって仮免許までを第1段階、卒業検定までが第2段階となっています。
この段階を終了するためには試験があって、学科と実技の両方で合格しなければならないのです。
そして、無事卒業したら免許センターにて運転免許取得のための試験を受けます。

自動車を乗りたいなら教習所へ

自動車はとても便利な移動手段であり、自動車を運転するためには免許が必要となり、無免許で運転をしてはだめなのです。
免許を取得するためには教習所に通う必要があり、教習所は全国各地さまざまなところにあります。
まず、入校の申し込みをしてから授業を受けます。
授業は学科のものと、実技のものがあり、学科はビデオを見たり、解説を聞いて道路標識などのルールを覚えます。
その後ペーパーテストを行い学科の合格判定をされるのです。
そして、実技は実際に自動車乗って運転をします。
助手席には教官の方がいて運転中もアドバイスをしてくれます。
最初は教習所内のコースで練習を何回かしてから一般の道路に出ます。
一般の道路での練習もしますが、高速道路を走ることも免許を取得する前にします。
すべての試験に合格すると免許を取得することができます。
合宿コースで免許を取得することも人気があります。
合宿であると短い期間で取得することができるので学生を中心に選ぶ方が多いです。
学生の休み期間は免許を取得する方が多いので需要があります。
社会人の方は通いコースを選ぶ方が多いのですが、理由として自分のスケジュールに合わせて授業を受けることのできる学校も多いため、社会人の方は休日をうまく利用して通えるからです。
免許には種類があり、オートマとマニュアルというものがあり、代金が変わってくるため学校で相談して自分が必要とするコースを選択することが大事なのです。

pickup

おもてなしやお祝いの席に、金を包んだ折り鶴を添えてみませんか?

食用金箔

おむつケーキの通販ならウェルカムベイビー。出産祝いや誕生祝いのプレゼントに人気のオムツケーキを送料無料でお届けします。

おむつケーキ 人気

誰でも一度は憧れる〝高級賃貸〟の情報をお届けします。

高級賃貸で暮らす

記念写真を専門にお客様に喜ばれる写真を撮り続けている写真館です。

記念写真 名古屋

最終更新日:2016/1/6

top